清水港 (江尻港)
初参戦

釣り人は、としき君 斎藤あきお君のお友達です。

イキナリ珍しいお魚ギンポを釣り上げました。

ギンポ

ギンポ 別名、 ウミ ドジョウ (海泥鰌)、 カミソリ (剃刀)など。

ギンポの語源ははっきりしないが、 江戸時代 の 銀貨 である 丁銀 に似ているからとも言われる。

ギンポと訳されることが多い英語の gunnel は、ニシキギンポ科の総称である。

 

引用文献 : Wikipedia より抜粋

 

八木氏登場!

八木さんは、家が江尻港のすぐ近くなので、応援に来てくれました・・・・

アタリが遠のいたので、八木さんはすぐさまi-Phone をとりだし、タイドグラフで 今現在の潮の状況をみてみます。

『やっぱり今、満潮だね!』『これから下げに入って食い出すから・・・』八木さんの知的アドバイス!

全国の港や海岸の潮の干満や潮位が一発でわかります。左のバナーをクリックしてみてください。
竿なしで・・

八木さんは、としき君の仕掛けだけで、お魚さんを釣ってしまいました・・・

← 写真は、アタリを手で合わせみごと『ヒット!』
カサゴ

これは、八木さんが糸をもって、フッキングさせたカサゴです・・・

かなり強い引きに興奮するとしき君

good!サイズなカサゴですね・・・

カサゴ

カサゴ Sebastiscus marmoratus (笠子・瘡魚)は、 カサゴ目 フサカサゴ科 に属する 魚類 。全長30 cm。日本近海を含む 太平洋 西部の暖海域に分布し、沿岸の岩礁や海中林などに生息する。食用魚としてさまざまな料理に用いられる。

 

引用文献 : Wikipedia より抜粋

 

強烈!

水面近くを探っていたとしき君のロッドが、一気に水面下に引き込まれます・・・かなり強い引きでリールから糸が出ていきます。初めて釣ったメジナに大満足なとしき君であります(^O^)

メジナ

メジナ (眼仁奈、学名 Girella punctata )は、スズキ目・イスズミ科(メジナ科とも)に分類される魚の一種。 東アジア の温暖な浅海に分布する海水魚である。

釣り 人の間では食用や磯釣りの対象魚として人気が高い。「磯竿」と呼ばれる範疇の 釣竿 は、 本種を釣ることを目的として作られるほどである。地方名としてクシロ、クチブト(伊豆)、ヒコヤ、チカイ(北陸)、ツカヤ(丹後)、クロヤ(舞鶴・山 口)、クチブト(関西)、グレ、ブレ(関西)、クロアイ(山陰)、クロ(岡山)、クレウオ(枕崎)、クロ (下関・九州各地)、シツオ(鹿児島)、クロメダイなどもある。 クロダイ と似た地方名が使われることもあるので注意を要する。

引用文献 : Wikipedia より抜粋

 

   
本日最大な

今日一番大きなお魚です。

 

入れ食い

八木さんの予言的中です・・・

カサゴの入れ食いです。

 

やりとり・・・

お魚さんが、掛かってからのやりとりを丁寧に説明している八木さん。

ココは?

このポイントは、根がかりも頻繁にあるので、魚礁になるようなものがありそうです

港の中で、カサゴが入れ食いになるということは、おそらく底はとても複雑だと思います。

 
 
あきお君は・・・

本日のあきお君は、広範囲を丁寧に釣っていましたが、良いポイントに入れなかったのか、釣果はボチボチでした。

最後にハゼを釣り上げ終了です。

夕方、一時間程の釣りでしたが、好ポイントと満潮から下げる時間帯が重なって良い釣りができたと思います。

ブラリ・フィッシングには最高なポイントですよ・・・             ではまた〜