久しぶりの釣り

しばらくの間、仕事がめちゃハードで全然釣りに行ける状態ではありませんでした。

仕事が落ち着いてきたので、久しぶりに釣りがしたくなり、何の釣りをしようか?考えた末とにかく魚のファイトを楽しみたかったので、はずれのすくない忍野川を選びました。

 

 
あいにくの悪天候?

忍野に到着したのが、8時。車外は、薄暗く小雨が降っている 合羽を着るのが、めんどくさくしばらく様子をみる。川の水面は、一面雨の波紋だけで、ライズらしきものは無い。

それでもせっかく忍野まできたからと、川の様子を観ようと車外にでた。

川を覗くと、何とヤマメが無数に浮いて、水面下の目にみえないが、おそらくユスリカらしきものを盛んに食べている。先月来たときの10倍位の多さだ。

o(^▽^)o

秘策が・・・・・

急いで車に戻り、支度した。今日は、ティペットにカーボンの0.1号と極小ニンフを用いてちょっと深くにいる魚を攻めてみようと密かにおもっています。(^O^)

支度が整ったので、目につけておいた中でも大きいヤマメ君にアタックです。

食った!』一投目からです・・・・

ハリスは0.1号無理はできません。

40センチ上の良型です。突然反転し、首をふった瞬間 『ブチッ!』  

その後、直ぐにhookingするのですが、直ぐにまた『ブチッ!』 です。

確かにhookingまでは、良さそうですが・・・・

3匹連続で『ブチッ!』 は泣けてきました。

(´;Д;`)

仕方なく

ティペットを0.2号(同じカーボン)に変え、再挑戦。ヤマメ君たちは、水面上の数ミリで白っぽい物体を捕食しています。

唇に使用したフライが刺さっています。小さなHOOKでかけると、この位置に刺さることが多いですね!

左のヤマメは、左上の本日第一号のヤマメをUPしたものです
CDC

ウィングにCDCを使用し、全体的にクリーム色で巻いたフライで釣りました。その後、続けて2匹 計3匹のヤマメをゲットしました。

 

忍野でクリーム系が良い時のパイロットとしてよく使用します。3匹切られて、3匹ゲット!

リベンジを果たしました。

 

 

 
胃の内容物

この日何匹かのヤマメのストマックを見たのですが・・・・

ほとんど食べておらず、少し残念でした。

 
3匹目をゲット!

左のヤマメは、前後左右に盛んに白い物体を食べていたので、絶対フライを食ってくると思い込んで狙ったヤマメです。

 
小ぶりですが・・・

やや小ぶりですが・・・

活性が高いのか、スピーディでスリリングなファイトを楽しませてくれました。

3匹とも、同じフライでゲットです・・・

 
レインボー

今日は、悪天候なせいでしょうか?ヤマメ君の反応が良いようです。

重量感のあるファイトをしてくれる、レインボーも捨てがたく釣れそうな魚を探していると、いました いました・・・・

しかし、とてもセレクティブで、フライに反応し鼻先まで近づいてくるのですが、なかなか咥えてくれません。

何時もならヤマメのほうが、かなり厳しいのに今日はレインボーがシビアです。流下している昆虫のせいでしょうか?

よくわかりません・・・

 

 

ゲームとして

釣れない魚ほど、何故か夢中になります。

なんとか釣ってやろうとフライをあれこれと変えてみます。

左のレインボーは、上記の狙っていた魚とは違うのですが・・・・

同様にセレクティブで厳しかった。

困ったときのブルー・ダンで釣り上げました。

 

 

放流直後?

放流されてあまり時間がたっていない固体だと思われますが、スピード・重量感と素晴らしいファイトをしてくれて!

感謝!感謝!ですぅ・・・

 

ブルー・ダン

レインボーを釣り上げて、すぐそばに捕食中のヤマメを発見!

フライはそのままのブルーダンです。

何投目かで、ゆっくりと咥えてくれました。

これって、マッチ・ザ・ハッチ?

いやいや、たまたまですよねぇ・・・

気がつかなかった

写真を撮った時は、気づかなかったのですが、家のパソコンで見てみると、左上のヤマメの体に釣った時のフライが張り付いていました。 サイズ#22 (7mm)ほどのブルーダンです。ティペットは0.2号です。

もう一つの目的

午前中は忍野川で釣りをして、午後に精進湖でルアー釣りをしようと計画していました。早速、精進湖へ移動です・・・

昔、昔によくここ精進湖に通いました。

数十年ぶりに、ルアーでトライです・・・が全然釣れません。小雨が身体の体温を奪っていきます。残念ながら風邪をひきそうなので、釣りを断念しました。

 

次回のために

次回のリベンジのために、湖岸を少し歩きながら観察しました。 バスは見ることはできませんでしたが、しかし 35cmくらいのヘラブナの死骸が点在していました。舟からでなく岸からヘラブナを釣っていた形跡が無数にあります。 (ヘラ餌の空き袋の多さやヘラ浮きや仕掛けの袋など・・・)

次回ルアーよりも、ヘラブナをトライしたくなりました。

 

 

あきらめきれず・・・

帰宅しようと、精進湖を後にしたのですが、本栖湖 入り口の看板を目にしたとたんに、急に釣り人根性がムラムラと・・・

もしかして・・・ 『本栖が俺を呼んでいる!』時刻はまだPM 3:00 これから夕方にかけて バス・トラウトと絶好のイブニング・チャンス! かってに思い込んで・・・

気がつけば、ルアーロッドにミノー(小魚を模倣したルアー)をつけて、湖岸でキャストを繰り返しています。 依然、小雨は降り続いています。 軟弱な私は、『今日は、お魚さんも定休日!悪い日に来てしまった。』と確信?次回の釣行のために体力温存ということで、家路につきました。

男のロマン

とても神秘的な湖 本栖湖。

生きている間に、夢の70オーバーを釣るぞぉ!

ではまた〜